研究トピック

コンピュテーショナルイメージング

新しい撮影技術とコンピュータの力を組み合わせることによって、従来のカメラでは撮影できないような画像を撮影する方法を考えます。

コンピュータビジョン

画像などの視覚情報から、物体の3次元形状や、表面状態、物体の材質などを推定する方法を考えます。

測光学的センシング

光がシーン中をどのように伝播しているのか、その過程を元に、シーンの情報を光学的に計測する方法を考えます。

信号処理と機械学習

信号処理・機械学習分野の最先端数理アルゴリズムを開発し、画像や気象レーダなどへ応用方法を考えます。

過去のプロジェクト

過去に行ってきた研究事例です。現在行っている研究そのものではありませんが、おおまかな研究内容はつかめると思います。

壁の向こう側を見る

壁に反射する光をもとに、その先に隠されたシーンを可視化します。

遠赤外光伝播解析

遠赤外の光の伝播を元に、物体の形状復元やシーンの理解を行います。

材質推定

光の伝わり方の違いから、見た目では区別がつかないような物体の材質を推定します。

透明物体の形状計測

光が透過してしまう物体でも、形状を正しく計測します。

光の速度での超高速イメージング

ピコ秒単位の超高速イメージングで、光が伝播していく様子その物を可視化します。

物体内部の可視化

物体内部の様子を鮮明に撮影します。